男の隠れ家
2008年3月号

写真
瀬戸内に沈む夕日と赤穂の牡蠣を心ゆくまで

瀬戸内の潮流にもまれることで、引き締まった身に育つ赤穂の魚。周辺の漁港には季節を問わず、多様な魚介類が水揚げされる。
冬、この宿を訪れたなら、関西では知らぬ者のない赤穂生まれのブランド牡蠣「坂越牡蠣」を使った多彩な料理を存分に味わってみたいもの。
坂越牡蠣の身は火を入れても縮みが少なくふっくら柔らか。噛めばミネラルを含んだ滋味たっぷりの汁があふれ出す。
浜辺に建つ露天風呂に加え、昨夏には貸切露天風呂も完成。「日本の夕陽百選」にも選ばれた赤穂御崎の夕映えを眺めつつ入る湯は、「よみがえりの湯」と呼ばれるほどに疲労回復効果が高い。
記事
ページを閉じる